FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

金優先、日テレ・デスノート大好評の裏側、映画公開後すぐさまテレビ地上波放送、フジテレビ大激怒!


後編公開に向けた布石もあり好調なデスノート後編

デスノートの起きて破りの劇場公開後4ヶ月での地上波放送にフジが切れたw

現在後編が公開中の人気映画「DEATH NOTE」なのだが、前編の2倍近くの興収を得ようとしている裏側には日テレの後編に向けた布石があったようだ。

前編が公開されたのは6月17日、後編が公開されたのが11月3日なのだが。

前編が劇場公開された僅か4ヶ月少々であるに関わらず、後編が公開される直前の10月27日にテレビで前編を地上波放送してしまったのだ。

当然映画の知名度も上がれば、面白さも多くの層に伝わる。

前編・後編編成なら尚更効果がでるだろうが、これは業界では掟破りな行為であり、フジテレビなどが猛烈に抗議しているようだ。


★アイドル・無修正画像はココ★


 藤原竜也(24)主演の映画「デスノート」を巡って、フジテレビが日本テレビに“猛抗議”したというので映画界の話題になっている。「デスノート」は「前編」と「後編」の2部構成で6月17日に前編、11月3日に後編が公開された。まず前編が興収28億円のヒットを記録したのに続いて、今も公開中の後編は50億円を超えるとみられている。もっとも、後編がここまでヒットした背景には同映画を製作した日テレの“仕掛け”があった。後編の公開直前の10月27日に日テレが前編を放送したところ、24.5%の高視聴率を獲得した。これが呼び水になり、映画の大ヒットに結びついたのだ。

「通常、映画は半年後にビデオ、DVDとして発売され、1年後に地上波放送されるのが業界内の“暗黙のルール”です。これを1社でも破ると、どこも売り上げ優先の商業主義に走ってめちゃくちゃになるので、各社がかたくなに守ってきました。映画公開から4カ月ちょっとでテレビ放送した日テレはその掟を破ったことになる。これに対し、フジの映画製作のトップで『踊る大捜査線』などのヒットを飛ばしてきた亀山千広映画事業局長が激怒しています」(事情通)

 日テレの映画製作の責任者は映画事業部の奥田誠治部長で、映画界では「キー局のヒットメーカー2人がバチバチ火花を散らしている」という見方もしているようだ。

 フジは日テレのやり方に不快感をあらわにしていて、今回の掟破りについて「認識している」(広報部)とコメント。一方の日テレはどうなのか。

「日テレは“『デスノート』は前後編で完結する映画なので今回のことは特例として認めてもらいたい”と言っているそうです。が、亀山局長はこれには納得していない。フジと協力関係が強い東宝も映画製作者の団体に問題提起したというし、怪文書が出たという情報まで流れた。かなり根が深い問題です」(映画ジャーナリスト)

 フジの怒りは収まるのだろうか。



★アイドル関係・総合画像へGO!★


前編みたひとしか来ないんじゃ困る!放送しちゃえw映画デスノートを巡る問題
前後編で完結する映画なので・・・→特例ってことにはならないだろうw

他にも前後編編成の映画だってあるだろうに、これじゃあ言い訳にはならないと思われ。

確かにこれが一般化すると映画館に行って見るという行為そのものに疑問を感じるようになってしまうような気がする。

ただ、「暗黙の了解」となっているって話だし、つまりは法的には全く裁くことはできないってことなのかな?

度が過ぎると独禁法に引っかかるような気もするが・・・う~ん、なんだか中古ゲーム販売訴訟になんとなく似ているような気もするわぁ。

最近はお金に起因するニュースが多いなぁ。

( ´ー`)フゥー...


★最速新着!芸能情報!★


★デスノートの過去の記事★
・脚を見て欲しい、 片瀬那奈の見所w映画デスノート会見


大学生ってきっと一番本気になれる時だよ⇒大学生ランキングでチェック!
超新鮮なゲーム・PC情報をもっと詳しく見たいならランキングを見よう・
ジャニーズ情報満載の殿堂でビックリ!
アイドル・芸能人の暴露秘話はここで探そう⇒【芸能人トップへ】
やっぱりスポーツって見てるだけでオモロイ⇒最新情報チェック!GOGO!
萌え萌えのアニメ・コミックをお探しの方はこっちだよ~⇒人気アニメ・マンガ!


人気ブログランキング【ブログの殿堂】ブログランキングエンタメ@BlogRanking
もし良かったら投票お願いいたします


2006年12月30日 洋画・邦画・アニメ映画 トラックバック:- コメント:0












管理者にだけ公開する